マネックスカード発行のためマネックス証券口座を開設しました。

スポンサーリンク
投資

ども!
節約投資家のぱんだマンです。


このたび私ごとですが、SBI証券楽天証券に続き3つ目の証券口座を開設しました。

「証券口座での資産運用はもはや全て人に必須」と言わざるおえない現状ですが、そんななか私が3つ目の証券口座を開設したのには理由があります。

また節約にもつながるお得なキャンペーンを実施中なので、気になる方は是非チェックしてみてください。


マネックス証券の口座を開設した理由は2つ

  1. マネックスカードが発行できる(10月末まで3%還元)
  2. 今冬以降、マネックスカードでの投資信託積立サービスが開始される
スポンサーリンク

マネックスカードが発行できる

https://info.monex.co.jp/news/2021/20210514_01.html

2021年5月に新登場したマネックスカードですが、こちらはマネックス証券口座を開設している人しか発行することができません

そして私はどうしてもこのマネックスカードが欲しかったので、口座開設をしました。


このクレジットカードはすごいですよ!!
通常時の還元率は1%と普通のカードですが、今はキャンペーン中で10月末まで3%還元で使うことができます(月10万円まで)

現状、複数のプリペイドや決済アプリなどの連携なしで最も還元率が高いカードはVISA LINE Payカードの2%です。
なので3%還元のクレジットカードは、少なくとも10月まで還元率最強クレジットカードです。


また現在、カードお申込月を含む4ヶ月間にカードショッピングを5万円以上利用すると、もれなくマネックスポイントを3,000ポイントゲットできるのでオススメです!

マネックスポイントは現金化することはできませんが、Amazonギフト券やdポイント、Tポイント、ポンタ、nanaco、WAONなどに変えることができます。
また株式手数料への充当や仮想通貨への交換も可能です。


加えてポイントサイトを経由して証券口座を開設すれば、5000円ほどのポイントがゲットできるので経由するのをお忘れなく!(6月7日現在)

ポイントサイト『マークポイント』より抜粋

残念ながらマネックスカードに関しては、私が申し込んだ時はポイントサイトに掲載がなかったです…泣

今冬以降、マネックスカードでの投資信託積立サービスが開始される

『これを楽しみにしていた!』と私が最も震えたニュースです。

ついにマネックス証券でも楽天証券やSBI証券同様、クレジットカード決済で投資信託が購入できるサービスが始まります(SBI証券は21年6月30日から)

始まるのは今年の冬らしいですが、非常に楽しみです。


というのも、私は月15万円を毎月の最低投資金額と決めているので、楽天証券とSBI証券では10万円分しかクレジットカード決済できません。
つまり残り5万円分はクレカポイントを逃すことになります。

そこでマネックス証券でクレカ積立サービスが始まれば、私の投資額ほぼ全てをカード決済することが可能です。

しかもマネックスカードは楽天カードと同じ1%還元ですので、毎月上限の5万円投資すれば500円分のポイントを得ることができます。

楽天証券✖️楽天カードで500ポイント、SBI証券✖️三井住友カードで250ポイント、マネックス証券✖️マネックスカードで500ポイントの計1250ポイント/月は美味しすぎます。

投資するだけでポイントがもらえるなら、それは信託報酬などコストの実質的な割引ですから、享受しない手はありません。
1%も還元されれば人気インデックスファンドなら、余裕で実質コストを無料にできますからね!

スポンサーリンク


また現在クレジットカードで積立投資できる証券会社は上記2社以外にエポスカードのtsumiki証券セゾンカードのスマートプラスがありますが、これらは選べる投資信託が少なく人気のeMAXIS SlimシリーズやiFreeシリーズはないので、あまりオススメはできません。

なので通常多くのインデックス投資家が購入している投資信託を購入したい場合、楽天証券もしくはマネックス証券で、それらが満額いったらSBI証券にしましょう。

投資商品に悩む

ここからは完全に個人的な話になりますが、この15万円の枠をどう使うか悩んでいます。

現状、投資信託以外にも中国株ETFのCXSEビットコインにも毎月投資しているので余裕資金がありません。

投資信託分はつみたてNISAのeMAXIS Slim全米株式iFreeNEXT NASDAQ100レバナスと決まってはいますが、全て投資するとなると月20万円以上必要そうです。


米国ETFやビットコインもクレジットカードで購入できるサービスができたらな〜
もしくはつみたてNISA枠でナスダック投信を買わせてくれ….

あとはむか〜し積立して今は運用のみのNYダウインデックスファンドを売却して、こちらの購入費用に充てるのもアリですね。

長期で考えれば税金を払ってでもナスダック100にスイッチングした方がリターンが出そうですし。

まとめ

毎月クレジットカードで積立投資している人にとっては、マネックス証券は新たな投資先としていいかもしれません。
特に毎月5万円以上投資信託に投資する人は、最初の5万円は楽天証券→次の5万円はマネックス証券→次の5万円はSBI証券など、複数に分けた方がお得です。

また投資をしたことがなくてもマネックスカードの3%還元は、近所のスーパーでもネットストアでもほぼ全ての支払いが3%還元されるので、これを機会に作ってみるのもいいかもしれません。

資産運用したくなった時もすぐに始められますしね!

マネックス証券の口座開設はこちら

口座開設
開設・維持費は無料!オンラインでも完結する口座開設のお申込みはコチラから。初心者もうれしいリーズナブルな手数料で日本株、米国株をお取引いただけるほか、資産形成に最適なiDeCo、NISAはもちろん、投資信託、FXなど様々な金融商品を取り揃えています。


ただ初めて資産運用するなら、楽天証券と楽天カードの方がいいと思います。
楽天は証券やカード以外にも銀行や市場、トラベル、Payなどお得なサービスが他にもありますし、Youtubeなどで多くの人が口座開設手順や積立設定方法など分かりやすく公開されていますから!


それではまた次回!
have a pandaful day

投資 節約
スポンサーリンク
ぱんだマンをフォローする
スポンサーリンク
高卒サラリーマンの成り上がり!総資産1億円に俺はなる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました