【VISA LINE Payクレカ終了】次のメインカードをご紹介

スポンサーリンク
節約

ども!
節約投資家のぱんだマンです。



ついにこの時が来てしまいました!

現在、クレジットカードの還元率としては最高クラスの還元率を誇る「VISA LINE Payクレジットカード」ですが、2022年5月1日から1%還元のカードになってしまうことが発表されました。

もともと2022年4月で2%還元が終了することは、去年3%から2%に引き下げられた時から分かっていたことですが、その後の還元率は『1.2%もしくは1.5%になるんじゃないか』と一部では言われていました。


それが、まさかの1%還元。

低いとは言いませんが、1%のカードなら正直VISA LINE Payクレカより良いカードはいっぱいある〜


そこで今回は、来月5月からメインカードとして使えるクレジットカードを3枚紹介しようと思います。

自分にとって「どの支払い方法が1番お得なのか」、知りたい方は参考にしてください。

スポンサーリンク

エポスゴールドカード


まず紹介するのは、オールマイティ最強カードです。

基本的な概要は知っている人が多いと思うので、ここからは個人的に思う魅力を紹介します。



1点目は、ポイントアップショップの活用です。


3つまで選んだ利用先の還元率を+1%上げてくれる神制度ですが、このショップ数が多い!

最近話題の三井住友ゴールドNLにも同様のものがありますが、エポスは300以上で三井住友は約60と5倍以上の開きがあります。



個人的に最寄りのスーパーである「イオン」やよく行くショッピングモールの「ららぽーと」、うちのアパートに電気を供給している「エネオスでんき」と揃っているので、『指定したい店がない』ということはなさそうです。


また選んだ店を容易に変更することも可能なので、「大きな金額の買い物があらかじめ決まっているのなら、その期間だけそのお店を選ぶ」ってこともできますよ(例、車検や旅行、家具・家電の購入など)


対象ショップ一覧はこちらからご覧ください。

選べるポイントアップショップ|クレジットカードはエポスカード
プラチナ・ゴールド会員限定!よく利用する店舗を選べるポイントアップショップに登録するだけで、エポスポイントが最大3倍に!クレジットカードなら入会金・年会費永年無料のエポスカード。最短即日発行!ご優待・特典やサポートも充実。


2点目は、ほぼ全ての電子マネーへのチャージでポイント付与されることです。


今現在、クレカの還元率を最大限に上げようとするなら、電子マネーやコード決済などのキャッシュレス決済と組み合わせるのが1番です。

その点においてエポスゴールドは、モバイルSuica、楽天Edy、Apple Payに対応し、au PAYにもチャージが可能でポイントも付与対象です。


またkyashやトヨタウォレット、MIXI Mにも登録でき、ポイントの2重取り〜3重取りが可能です。

個人的には1年間に50万円、100万円の利用でボーナスポイントが入ると分かっているので、自分が残りの期間でいくら使うのか計算しながら、Kyash等で細かくチャージ額を調整するのが上手いやり方かなと思います。


あとはポイントに有効期限がなく、使い道も多いこと、海外旅行傷害保険が充実していること、空港ラウンジが使える、優待がある、マルイのセール期間中安く買えるなどメリットはいっぱいあります。



デメリットとしては、インビテーションが来るまでの修行期間はボーナスポイントもポイントアップショップもないので、1%還元以上のカードを使っていれば得られていたポイントを失うことになります。

初年度だけ年会費(5,000円)を払っていきなりエポスゴールドを申し込むことも可能です。
その場合は、発行の翌年までに50万円以上の支払いで翌年以降も年会費が永年無料になります。

なので、どちらの方法でゴールドを目指すにせよ「損して得取れ」ができる人が持てるカードだと思います。

スポンサーリンク

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード


こちらも最近話題になっているカードで、『Visa LINE Payクレカの代替になるカードじゃないか』と一部では言われています。

その特徴はなんと言ってもクイックペイ決済での3%還元!しかも還元上限なし!


通常のカード決済ではなくクイックペイ決済限定になりますが、それでもVisa LINE Payクレカを上回る還元率です。

正直、この一点のみでカードを作る意義があると思います。



あとは、ポイントが永久不滅ポイントで使い道が多いこと、旅行サイトの優待が豊富なこと、海外アシスタンスデスクが日本語でサポートしてくれること、などたくさんメリットがありますが、正直クイックペイ3%還元しか興味ないですね。

ただ個人的に私が過去作っていまだに持っているMUJIカード(セゾン発行)とFreeBO!カード(UC発行)のポイントが合算できるので、ここはありがたいと思いました。

これらカードは今あまり使ってないので、200円分くらいのポイントがずっと残っていて気持ち悪かったんですよね。ww



このカードのデメリットは3点。

  1. クイックペイ決済の都合上、ほぼ全ての決済に対応している訳ではないということ
  2. クイックペイの3%還元がいつまで続くのかは不明なこと
  3. キャッシュレス決済との組み合わせはない


まず1点目ですが、当たり前ですがクイックペイが使えないとこでは3%還元は得られません。


今では大型なスーパーやドラッグストアでも導入されているクイックペイですが、それでも小規模なスーパーやチェーン店などは使えないことが多いです。

またネット通販でも一部を除いてほぼ使えません

Amazon使えない(✖️)
楽天市場使えない(✖️)
ヤフーショッピング使えない(✖️)
ZOZOTOWN使えない(✖️)
ヤフオク使えない(✖️)
PayPayモール使えない(✖️)
au PAYマーケット使えない(✖️)


ようやく使えるお店を見つけたとしても、クイックペイは一度の支払いで2万円までしか決済できませんので、20,001円以上の場合は会計を分けてもらうしかありません。



2点目は、3%還元が終わってしまえばこのクレカを持つ意味がほぼなくなることです。


上記メリットで紹介したように、このクレカ一番の強みはクイックペイでの3%還元であり、他のメリットはおまけ程度です。

その上でこの3%還元、いつ終わるのかは完全にセゾン次第になります。

なのでどちらかというと、長期的に使えるクレカではなく、短期でポイントをがっつり稼ぐクレカだということは認識して発行してください。



3点目は他のキャッシュレス決済との組み合わせです。


エポスカードの時も話しましたが、クレカの還元率を最大限に上げるなら、電子マネーやコード決済などのキャッシュレス決済と組み合わせが1番です。

その点において、すでにクイックペイという電子マネーと組み合わさってしまっているのでこれ以上どうしようもないんです。

厳密にはできますが、クレカ決済となり還元率がクイックペイ決済に負けてしまうので意味ありません。


ですからこのクレカを利用する上で重要なポイントは、自分のよく行く店舗や利用するサービスのうち、「どれだけ多くの店がクイックペイ決済に対応しているのか」です。

これをカード申し込みの前に必ず確認してくださいね。

スポンサーリンク

リクルートカード


続いて、こちらはあまりクセがなく安定して高還元なクレジットカードです。

その特徴は年会費完全無料で、還元率は1.2%を誇るところでしょうか。


またその高還元率をさらに上げられる電子マネーやコード支払い系のキャッシュレス決済とも相性がいいのもポイントです。

特にVISA・Masterブランドのリクルートカードは、楽天EdyやモバイルSuica、Kyash、トヨタウォレットにもチャージ可能ですし、組み合わせてポイントの4重取りまでいけそうです。



また個人的には、クーポンをよく出す「じゃらん」は旅行サイトで1番だと思っていますし、髪を切る時は「ホットペッパービューティー」を利用しているので、同じリクルート系で非常に使いやすいクレカです(ちなみにじゃらんとホットペッパービューティーでクレカ決済することで、ポイント還元率は3.2%に上がります)

貯まるポイントはPontaやdポイント、マイルに交換できますし、有効期限は実質ありません。


唯一のデメリットとしては、電子マネーへの月間チャージ額上限が30,000円と決まっていることです(それぞれの電子マネーではなく、全ての電子マネーの合計)

上限以上のチャージは残念ながら、ポイント付与対象外なので注意してください。

スポンサーリンク

その他オススメ


以下は、人によってはメインカードになれるクレカ一覧です。

  • ポイントなんて面倒な人(1%自動キャッシュバック)・・・P-oneカード、Likeme by saison card

  • 月5万円以内の利用額の人(1.5%)・・・ジザイルカード(リボ専用だが実質一括払いに変更可能)

  • 証券会社でクレカ積立枠を使い切りたい人(0.5%〜1.5%)・・・三井住友ゴールドNL、au PAY カード、マネックスカード

  • 利用する店の多くでSuicaが使える人(1.5%)・・・ビッグカメラSuicaカード

  • 年150万円以上利用、高級ホテルに泊まりたい人(3%〜6%)・・・Marriott Bonvoyアメックス

まとめ

以上が個人的にオススメするクレジットカードでした。

今回数多くのクレカを紹介しましたが、大事なことはポイントや還元率に振り回されずに自分が使いこなすことです。

なので、自分がどれほどのカードやポイントを管理できるかまで考えて、メインカードを決めるのがいいと思います。

特に今は紐付けできるキャッシュレス決済が多いですからね。。。



個人的には「セゾンパールアメックス」が気になったので、早速発行してみました。
デジタルなら10分ほどで発行できるし、キャンペーンも現在奮発しているのでオススメです。

【公式】セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード【年会費無料】 |クレジットカードはセゾンカード
クイックペイの利用で3%相当の高還元率!前年に1円以上のカードご利用で翌年度も年会費が無料。また、完全ナンバーレスのカードなら、セキュリティも安心。


これでクイックペイ3%還元が終わるまではこれを使い倒して、サブとしてはリクルートカード→トヨタウォレットを使っていこうと思います。

3%還元が終わったらエポスゴールド修行を始めますかね。



そんな感じで今回は以上です。

また次回!

have a pandaful day

節約
スポンサーリンク
ぱんだマンをフォローする
スポンサーリンク
高卒サラリーマンの成り上がり!総資産1億円に俺はなる!!

コメント

  1. プレーン より:

    お久しぶりです。
    最近ぱんだマン様に紹介していただいたP-oneカードを入手しました。
    申込み手続きに本人確認書類が必要ないのが助かりました。

    最近忙しいのであまりコメントはできませんが、記事は休日に少しずつ読ませてもらっています。これからも頑張ってください。

    • ぱんだマン より:

      本当にP-oneカード発行したんですね!!
      プレーン様希望の自動化に少しでも尽力できたなら嬉しいです。

      こちらもいつも違った視点でのコメントめっちゃ助かっています。
      1年目は大変でしょうが、お身体に気をつけて頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました